Page: 1/1   
Windows10では強力なウィルスソフトdefenderは大きなメリット
いっぽう自動アップデートによる弊害が多発。管理が必要。(2018.04.16)
 Windows最新ビルド16299.371/1709適用後もACE32システムは元気に稼働中。
しかしながら、一部プリンタ設定の再作成が必要となるケースが発生しました。

 

 

 

 

 

Windows10にほぼ移行終了(一部古いWindows稼働PCあり)
 「無償アップデート」期間中に急き移行しましたが、まだ無償で可能の様です。
Windows10最新ビルド適用したPDサーバー(ThinServer)の運用は快適、順調です。
カスタマイズ次第でWindows7,8.1より高速となります。

 

 

 

 

 

 

 

WindowsXPを手放せない ? こんなとき...
 PDサーバー(WinXPのThinServer)を設置して、レガシーアプリを共有しましょう。
メンテナンスもこれ1台で楽々できます。
 修理可能なものは修理で、難しいものは最新CPU搭載の高速XPパソコンを組立て、古い環境を移植します! 
     【まだ使いたい】セキュリティを考慮したご提案を致します。
 
・慣れ親しんだXP環境で使い続けたい。

・周辺機器やソフトまで交換するのは大きな負担。

・完全オーダーメイドの高速パソコンを制作します。

・複数Windowsが動くパソコンなども便利です。

・左画面はWindows98/Me/XP/Vistaが同時に動くPDサーバー(ThinServer)です。試験的に作ってみましたが、 , メモリを食い合うのが欠点です。まぁ複数Windowsが使えるのは便利だと思います

 

 

 


同じ送受信メールを同時に全員で見たい! こんなとき...
 完全に送受信ファイルを共有できるメールソフトを使います。almail32.exeがお薦めです!
almail32ダウンロードはこちら まだまだユーザーの多いソフトです。
初期のころから、変わらずネットワーク共有できるメールソフトを他に知りません。


【送受信メールを共有したい理由】  ・共有アドレスで受信したメールを、皆で同時に読める。

・社内回覧の役割がほしい。

・同朋送信では負荷がかかる。

・メールサーバーを削除しない方法で対応できるのは受信メールだけ。送信メールも共有したい。

・ウィルスのターゲットにならないので安心。

 

 

 

 

 

動く限り捨てません!ACE32メンテナンスを続けます!
 Windows95〜Windows10最新ビルド『16299.371バージョン1709』まで動作中。
こんなデータベースを弊社は捨てません! 驚くべき長寿なACE32!
25年以上も稼働しているシステム多数。たぶんずっと動くでしょう。
長寿の理由は、Windowsレジストリを使っていないから。ファイル管理も独自でしている優れ者なのです。
【ACE32システムを捨てなれない理由】

・幾多の他言語が動かなくなっても、ACE32は動き続けてきました。

・Windowsレジストリを使用しないでまだ動いているデータベースを他に知りません。

・ホスト系のコンセプトが反映されており、なんといっても高機能。ネットワーク共有、排他制御も勿論OKです。

・開発効率、コストパフォーマンスが抜群。

・高速データベースです。シーク速度、分類、すべて高速です。

・Windows10最新ビルド16299.309/1709まで動作保証致します。

・ACE32はEPOACEのWindowsバージョンです。

その昔、FACOM9450シリーズというパソコンがありました。

EPOACEはその時代30年以上前から今日まで、進化しながら走り続けています。

・下画面は弊社開発アプリ。ACE32は他の言語と比較しても優れた驚くべきデータベースです!

 

 

 

| pdsys | 05:14 | comments(0) | - |

Mobile

qrcode